クレジットカードの審査基準を知ろう!

クレジットカードで審査落ちしたことってありませんか?
私自身も以前、クレジットカードの審査に落ちた一人です、、、

その当時なぜ落ちたのか?
自分がブラックになっているのではないか?
そんな不安も出てきてしまうくらいでした。

でも知識があればそんな心配も無用!
ここではクレジットカードの審査基準の知識を公開しています。

審査に通りにくい人とは?


クレジットカードの審査基準となるのは、年収、勤続年数、住居および居住年数などです。

貸し出し対象は、毎月決まった収入のある正社員で、派遣社員、フリーター、自営業者、主婦、学生などは不利なようです。

しかし、カード会社の中には、主婦や学生であってもパートやアルバイトなどで収入があれば、審査を通す場合があります。

年収、勤続年数、住居および居住年数が長く、他社からの借り入れがなければ、審査に落ちるようなことはめったにないと思います。


クレジットカードを申し込むと、カード会社は個人信用機関に照会をかけます。この信用情報に事故履歴が登録されていると、審査に落ちます。

また、事故履歴がなくても、一度に複数の申し込みをすると保存されますから、多重債務者とみなされることがあるようです。

この信用情報は6ヶ月ほど保存されるので、次の申し込みは、半年から一年ほど間をあけて申し込んだ方がよさそうです。


まれに、落ちる理由がぜんぜん見あたらないにもかかわらず、審査に通らないという人がいます。

審査に落ちるもっとも多い理由は書類の不備のようなので、申し込み書に必要事項を記入するときに、記入もれや電話番号の書き間違いがないかをご確認ください。

車買取 瞬間の車査定
・愛車の売却をお考えでしたら車査定 査定一括はクルナビ.comへご依頼ください。
車買取は秒速、簡単査定♪のネットでできる一括車査定が便利!